腸内環境を改善してくれる食べ物とは

腸内環境を改善することは健康に良いというのはもちろんですが、美容や病気予防にもなると言われています。
毎日私たちが摂取している食べ物のなかにも腸内環境を改善してくれるものがたくさんありますので、積極的に取り入れたいですよね。

腸内環境を改善してくれる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?
効果や効能も併せてご紹介します♪

◆善玉菌を増やしてくれる乳酸菌やオリゴ糖

腸内環境が悪化する主な原因は悪玉菌です。
悪玉菌をやっつけてくれる善玉菌をたくさん取り込むことが大切です。
善玉菌は乳酸菌やオリゴ糖によって増やすことができますよ。

・ヨーグルト
ヨーグルトは善玉菌のなかでもビフィズス菌を増やしてくれる効果があり、お腹の調子を整える食べ物として有名です。
最近のヨーグルトは善玉菌やビフィズス菌を生きたまま腸まで届けてくれるものが豊富に揃っており、消化酵素で分解されることがないので有効性がさらにアップしています。

・チーズ
チーズのなかでもナチュラルチーズは乳牛や羊の乳を発酵させたものですので、酵素や乳酸菌が新鮮な状態で含まれているのでオススメです。

・納豆、大豆
納豆に含まれる納豆菌は善玉菌の大好物。
栄養を作り出して善玉菌の働きをサポートしてくれる効果があります。
大豆には胃腸で分解されにくいオリゴ糖が含まれていますので、腸内細菌の栄養となって腸内を整えます。

◆水溶性の食物繊維で便秘解消

便秘がちになると腸の働きが悪くなり、悪玉菌の増加や消化機能低下を引き起こします。
便秘には食物繊維が良いとされていますが、そのなかでも水溶性の食物繊維は水に溶けやすく消化がスムーズです。
水溶性の食物繊維は果物、海藻類、きのこ類に多く含まれています。

・果物
リンゴ、バナナは食物繊維がたっぷりありますし、調理しなくてもそのまま摂取できるのでおすすめです。

・海藻類
ミネラルが豊富なわかめや昆布などの海藻はスープやサラダとして手軽に取り入れられますし、長期保存が可能な食べ物なので常にストックしておくと良さそうです。

・きのこ類
しいたけ、えのきだけ、なめたけなどきのこ類は菌類に分類されます。
つまり菌そのものを腸内に送り届けることができるんですね。
食物繊維のほか、抗酸化作用や免疫機能の活性作用がある優秀な食材です。

腸内環境を改善してくれる食べ物はたくさんあります。
その一方でたんぱく質や脂肪を多く含んでいる食べ物は悪玉菌のエサとなり増加させてしまいますので、控え目にするように心がけましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ