腸内環境がうつ病と関係しているって本当?

腸内環境が悪いとうつ病になる可能性があるという話があるそうです。
それって本当なのでしょうか?

『腸は第二の脳』と呼ばれているほど、腸内環境と心は密接な関係にあります。
緊張やストレスを感じるとお腹が痛くなったり、便秘・下痢になってしまう経験がある人はとても多いですよね。
これは精神的負荷がかかることによって腸内の悪玉菌が増加することが原因だといわれています。
また、ストレス時にはカテコラミンという神経伝達物質が大腸菌を増加させるという研究結果もあるんだそうですよ。

うつ病の原因のひとつにセロトニン不足があります。
セロトニンとは私たちの体内で様々な働きをしている物質ですが、特に精神の安定や睡眠と深い関わりがあります。
脳内のセロトニンが不足してしまうと不眠症状が出たり、精神的に不安定な状態になってしまいうつ病になりやすくなります。

体内のセロトニンは脳に2%、腸内にはなんと90%も存在しています。
腸内環境が悪化しているとセロトニンが脳まで届けられずに不足してしまいますよね。
つまり腸内環境を整えてあげれば、うつ病が改善する可能性もあるということです。
最近のうつ病治療においては、腸内環境に着目する医師が増えているみたいですよ。

では、うつ病にならないためにできる対策はどんなことが考えられるでしょうか。

・日光不足
・運動不足
・栄養不足
これらはすべて、セロトニンの分泌量を減らしてしまう原因です。
セロトニンが生成されにくく伝達神経の働きを低下させますので、適度に日光を浴びて運動をし、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。

セロトニンの分泌量を増やす栄養素にトリプトファンがあります。
乳製品や肉、魚介類に多く含まれている必須アミノ酸のひとつです。
食生活ではトリプトファンを摂取することを意識するとより良さそうですね!
また、ビタミンB6と糖分はセロトニンを作り出すために必要な栄養素です。
ビタミンB6はトリプトファンと同様に動物性タンパク質に含まれていますよ。

腸内環境を整えることも大切なことです。
腸内環境を正常化させてくれる善玉菌を増やしましょう。
善玉菌として有名なのは乳酸菌やビフィズス菌です。
悪玉菌を減らして腸の機能を正常にするだけではなく、免疫力を高めて老化を防止する働きも持っています。

うつ病だけではなく様々な病気を防ぐためにも、乳酸菌やビフィズス菌をたくさん取り入れておきたいですね♪
心もカラダも健康に過ごしましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ